筋肉の仕組みと筋力アップの仕組み

pixta_24330801_l

筋肉の仕組みとは?

筋肉は、全部で650個もあります。大きさや形はいろいろですがどれもだいたい同じ仕組みで働きます。筋肉の形はふつう真ん中がふっくらと膨らんでいて両はしが細くなっているのが基本です。膨らんだところはピンクのような赤のような色をしていて柔らかく、筋繊維の束でできています。鶏のささ身を思い出すと分かりやすいかもしれません。両端は腱と呼ばれていて、結合組織の繊維が集まって構成されています。そのため硬くてとても丈夫です。また見た目は絹糸の束のように白くつやつやとしています。筋繊維は細い糸のよな形をしていて、これが何本も集まって束になり、大きな筋肉を作っています。筋繊維には二つの種類があります。「横紋筋繊維」と「平滑筋繊維」です。横紋筋繊維は顕微鏡で見ると非常に細かい筋が横にたくさん並んでいます。これからできている筋肉を横紋筋といいます。横紋筋繊維のひとつに心筋繊維というものがあります。これは繊維がそれぞれ続きあって網のようになっているため普通の横紋筋とは異なります。もう一つの筋繊維はそれよりも小さくて両端が鋭い形をしています。これには横紋はなく平滑筋繊維とよばれています。この筋繊維を平滑筋といいます。横紋筋と平滑筋は性質も働きも違っています。横紋筋は主に骨格に、平滑筋は内臓についています。横紋筋は自分の意志で動かせますが、平滑筋は自分では動かすことが出来ません。しかし心臓についている横紋筋だけは自分で動かすことが出来ません。動く速さも横紋筋は早く、平滑筋は遅いという特徴があります。さらに横紋筋は疲れやすいのに対して平滑筋は長く動続けることが出来ます。このようにまったく性質のことなる筋肉が体のなかで調和よく働いています。

筋力アップの仕組み

筋力は脳から指令を受けて動きますがその時反応しない筋繊維もあります。反応せずに眠っている筋繊維が多いほど筋肉の力は弱くなりますが筋トレを続けることでこの筋繊維が刺激を受けて目覚めます。眠っていた筋繊維が起こされて、脳からの指令に反応しだすと筋肉は持っている力を発揮するようになります。また筋トレを続けると働く筋繊維の量が増えるだけでなくその質も強く太くなっていきます。筋トレを初めて約2週間くらいで筋肉を活性化させることが出来ますが、トレーニングをやめればすぐに元にもどってしまうのです。筋肉は使わないほどもとの筋繊維が眠った状態に戻ってしまいます。しかし一本一本の筋繊維が太くしっかりとしていれば筋トレをやめてもそのままの状態をキープできます。このように筋繊維を丈夫にするのには最低でも3か月ほどかかります。

筋肉は筋繊維という糸のようなものが束になってできています。筋繊維には横紋筋繊維と平滑筋繊維という2種類があります。私たちがよく言う「筋トレ」とは筋肉の筋繊維を刺激して起こし、そして強くするトレーニングのことなのです。

注目の筋肉増強商品

メタルマッスルHMB
・GACKT愛用 ・業界トップクラスのHMB1600mg ・13種類ものパワー成分配合