スタノゾロール

Various pills

スタノゾールとは

スタノゾールは「ウィンストロール」という名前でスターリング医薬品から販売されていた筋肉増強剤です。スタノゾールは筋肉増強剤の中でも副作用が少ない部類にはいるようです。ドラッグテストに出にくかったことからアスリートも愛用していた方が多いです。ベン・ジョンソンもその一人です。副作用がなく、アスリートも使っていたというと最高の薬だと感じますが、実際のところはどうなのでしょう?

スタノゾロールの効果

スタノゾールの筋肉増強の効果は残念ながらほとんどありません。ですから筋肉量アップの目的での使用はお勧めできません。それは実験結果でも証明されています。スタノゾールの効果を調べるために、雄・雌それぞれのマウスにスタノゾロールを投与しました。この時の使用量は「体重1kgに対して1mg」で、ボディビル目的で使用する量の1.5倍ほどです。結果はというと、雄のマウスでは筋肉の増加、たんぱく質の合成反応は投与しなかったマウスと比べて差が出ませんでした。スタノゾロールを投与した雌のマウスは明らかに筋肉量が増え、タンパク質の合成反応が出ていました。この結果から男性が使用しても効果が期待できないこと、女性には筋肉増強剤として効果があることが証明されました。筋肉増強剤はタンパク質を合成し促進することで、骨や筋肉を作り出す作用があるため、骨粗しょう症の治療薬として使用されていますが、スタノゾールはFDA(アメリカ厚労省)から骨粗しょう症への治療の効果がないとして販売を中止させられています。つまりスタノゾールの筋肉増強の効果が弱いのです。マウスの研究結果や、FDAから効果の認可が得られなかったことをみると、スタノゾールの筋肉増強効果は低いといえます。

スタノゾールの副作用

スタノゾールは他のステロイド剤と同様男性ホルモンの生成の減少がみられます。若干副作用の大きさは他と比べて小さいようですが、低下することには間違いないようです。注射剤として投与した場合は肝毒性の心配はいりませんが、経口のスタノゾールは17αアルキレート加工がされているので肝毒性には注意が必要です。肝臓を守る為のサプリメントなどを一緒に摂取した方が良いかもしれません。
スタノゾールは筋肉増量目的でなく、減量目的での使用がよさそうです。増量目的だとリスクがあるだけで効果があまり期待できません。さらに男性より、女性ビルダーの方の使用が向いているかもしれません。使用期間は経口剤で摂取する場合8週間、最大でも12週間までの利用にとどめましょう。

注目の筋肉増強商品

メタルマッスルHMB
・GACKT愛用 ・業界トップクラスのHMB1600mg ・13種類ものパワー成分配合