プリモブラン

pixta_26060523_l

プリモブランとは

プリモブランは成分「メテノロン」を含んでいるアナボリックステロイドです。プリモブランの主成分ともいえるメテノロンは、ネコの副腎皮質に含まれているホルモンで、ステロイドの中では数少ない自然由来の成分です。天然由来ということもあり、プリモブランはアナボリックステロイドの中でも副作用が弱いという特徴があります。肝毒性や女性化作用もありません。ただ問題は筋肉増強の効果があるのかということです。どうなのでしょうか?

プリモブランの効果

結論から言ってしまうとプリモブランは筋肉増強の効果をあまり期待できません。なぜかというと、研究結果からわかります。プリモブランの効果を見る実験では雄のマウスが使われました。効果をはっきりさせるために大量のプリモブランが投与されました。人間でいうと体重70kgの人に700mgを週3回レベル投与する量です。これはボディビル目的で使う量の5倍以上です。結果はというと、体重も筋肉量も増えませんでした。一方雌のマウスは体重、筋肉量ともに増加がみられました。ただボディビル目的で使うには効果が薄いと言わざるを得ません。筋肉増強では期待できませんが、脂肪燃焼の効果はあるようです。メテノロンは脂肪燃焼に関わるβ3-アドレナリン受容体に結びつきやすいことが分かっています。β3-アドレナリン受容体は脂肪を燃やしてエネルギーを生成する働きを持っています。ですからボディビルの現場では減量中に使うステロイドとして使用されることが多いようです。

プリモブランの副作用

プリモブランの主成分メテノロンは、男性ホルモンを女性ホルモンに変えるアロマターゼの影響を受けないことが分かっています。ですから女性化乳房や水分滞留などの副作用を引き起こす心配がありません。また肝臓への負担もありません。ただ男性ホルモンの減少はどうしてもみられるようです。ステロイドを使用すると男性ホルモンの量が増えるため体がそれ以上ホルモンを生成しなくなります。
プリモブランは筋肉増強効果があまり期待できないのでボディビル目的で使用したいという人にはあまりお勧めできません。また価格も他のアナボリックステロイドと比べると高いので、効果に見合った金額ではないといえます。ただ減量目的で使いたいという人や女性には効果がありそうです。筋肉を効率的に増やしたいのか、それとも筋肉を維持しつつ減量をしたいのかで使用するかどうかを決めると良いかもしれません。

注目の筋肉増強商品

メタルマッスルHMB
・GACKT愛用 ・業界トップクラスのHMB1600mg ・13種類ものパワー成分配合