シェーカーを持ち歩かなくて済みます。

40歳、社会人の男性です。私は学生時代からガリガリだったため、夏などにTシャツを着るのが不安で、それがコンプレックスでした。ですが社会人になってから知人の勧めでジムに通い、筋肉トレーニングをするようになってから体つきが変わり、今では夏になるのが楽しみになっています。

知人はボディービルダーで大会で入賞経験もある人なので、当然プロテインも飲んでいて、私もそれにならっているのですが、会社勤めをしているため、通勤バッグには書類やパソコンなどを入れているため、プロテインとシェーカーはかさばるので、どうしようかと思っていました。そんな時にたまたまインターネットでプロテイン以外にも錠剤の筋肉増強剤があるということを知り、早速試してみました。試したのは、アナバーという二十一種類の筋肉増大剤を特徴とする商品です。アナバーに含まれている成分は、Lアルギニン、エクディボリン、エクディステロン、アルギナーゼ抑制剤ABH、6ケトンディオスゲニンというタンパク質同化作用製剤を含有しています。

また、複数の高濃度ホルモンエステルを配合しており、アデノシン三リン酸も増量しています。アナバーの最大の特徴をわかりやすく説明すると、何といっても強力な血管拡張作用があるということです。アナバーを体に摂り入れてから30~40分ほどで、NOとよばれる一酸化窒素の働きにより血管が拡張し、毛細血管すみずみまで血液が行き渡ります。そのため筋肉トレーニング時の最大筋力の底上げや、筋肉トレーニング後の筋肉の張りを大幅に増やすことが可能になります。

筋肉トレーニングをする上でもっとも大事なのが、筋肉に対して大きい負荷を与えて限界まで追い込む状況を作り出すことです。そうすることで筋肉が次の状況に備えて、耐久性を整えていきます。アナバーは血液というエネルギーを運ぶ血管のポンプをより大きく働かせる作用があるので、筋肉の成長に大きく貢献してくれるのです。要はプロテインでなくでも十分筋肉を増強してくれるものがこの世のなかにはあるということです。

ただ、プロテインほど、筋肉の見た目をを大きくする作用はないようですので、大会に出るようなボディービルダーであれば、やはりプロテインの方が良いかもしれません。私は特に大会に出るわけでもなく、どちらかというと細マッチョを目指していたので、スーツやTシャツをカッコよく着こなしたり、筋肉そのものの性質を強化できたため、このような錠剤型でも十分だと思っています。

注目の筋肉増強商品

メタルマッスルHMB
・GACKT愛用 ・業界トップクラスのHMB1600mg ・13種類ものパワー成分配合