剥離骨折や疲労骨折にならないように!

pixta_20610236_l

運動選手に多い剥離骨折や疲労骨折

剥離骨折は骨についている腱や靭帯などが、何かをきっかけにして引っ張られ付着部の骨がはがれてしまう骨折です。疲労骨折は同じ部分になんども力が加わることによってひびが入ったり断裂してしまう骨折です。どちらも運動選手やトレーニングをしている人に多く見られる症状です。骨折してしまうとせっかく筋肉や体を鍛えているところなのに、中断しなくてはいけません。骨が元通りになるまでは同じようなトレーニングはできないためもどがしく思う人もいます。そのようなことにならないように未然に防ぐのが一番良い方法ですね。とくに今筋肉トレーニングを始めた人や、運動試合が近いという人は気を付けましょう。

指導者の元でのトレーニング

疲労骨折はいつも同じところに負担がかかって起きるものが多いと言われています。自分流のトレーニングで体を鍛えている人は特に注意が必要です。本格的に筋肉をつけたたい、体を鍛えたいという人は専門のトレーナーやコーチのもと適切な運動メニューを作り、それに沿ってトレーニングをするのが大切です。自分で筋トレをしているとバランスよく筋肉を鍛えるのが難しいので、筋肉が疲労してうまく動かなくなり骨への負担が多くかかってしまいます。そうすると疲労骨折になってしまう可能性も高くなります。ですから筋肉が今日はうまく動かないな・・などの違和感を感じた時にはトレーニングを中断して休むことも必要です。そのようにして筋肉の疲労をとることで骨への負担も減らすことが出来ます。

骨を強くすること

骨折を防ぐ一番良い方法は骨を強くすることです。剥離骨折は骨にくっついている腱や靭帯が伸びた時に、骨が引っ張られてかけてしまう現象です。つまり骨の組織が丈夫でないので欠けてしまうのです。骨を強くする方法は「カルシウムの摂取」と「負荷のかかる適度な運動」です。カルシウムはそれだけでとっても体に吸収されません。マグネシウムやビタミンDが体への吸収を助けてくれます。カルシウムが多く含まれる食品とともに、それらの栄養素も摂るようにしてカルシウムが効率よく骨に吸収されるようにしましょう。運動は長距離の歩行や階段の上り下りなど自分で骨に力を与えたな、と感じるくらいのものが効果があります。屈伸運動なども良いでしょう。女性は特にカルシウム不足になる確率が高いので、小魚や乳製品、またはサプリメントからカルシウムを補給すると良いかもしれません。

筋肉トレーニングによる骨折は、自己流の鍛え方やカルシウム不足によって引き起こされます。トレーナーの指導に沿って正しい運動メニューで体を鍛えましょう。定期的にカルシウムを摂ることも大切です。

注目の筋肉増強商品

メタルマッスルHMB
・GACKT愛用 ・業界トップクラスのHMB1600mg ・13種類ものパワー成分配合