自分の筋肉の限界を知ろう

muscular handsome man posing

自分の筋力の限界

筋肉を増やすトレーニングを行う前には負荷の設定を行います。その設定をする際には「自分の最大筋力」を知ることが必要になります。ウエイトトレーニングを実践するときにこの自分の筋力を知ることが最も大切と言われています。実際トレーニングの際にどのくらいの負荷設定をするかは、筋力の差や男女の性別、トレーニングの目的などによって違っているので一概には言えません。主な負荷設定方法には3つあります。一つは「RM法」と呼ばれるものです。RMは「RepetitionMaximum」の略で「最大反復回数」を意味します。これはある重量に対してRMを何回繰り返すことが出来るのか、その反復可能な回数によって負荷を決める方法です。二つ目に「%法」というものがあります。これは1回に反復できる重量(その人にとっての最高の重量)に対して何割の負荷を使用するかを%で示す方法です。今までの研究結果では1RM(一回反復可能を100%とする)に対して、95%=2回反復可能、90%=3~5回反復可能、80%=8回反復可能など1RMに対する割合と反復可能な回数が示されています。これには経験度などによって誤差が生じるので100%正確とはいきませんが、一つの目安とできます。三つ目に「主観的運動強度法」です。これは「軽い」や「重い」といった主観的な感じ方で負荷を設定する方法です。軽いものを10回、あるいは重いものを3回というようにその人の感じ方を尺度にして設定します。このように本格的に筋力アップトレーニングをするならまず自分の最大筋力を知ることが必要となります。

自分の筋肉の限界

目指す体型があって、そこに近づこうと筋トレを頑張っている人は多いです。この理想のボディを手に入れるまでは頑張ると筋肉を酷使し、筋肉増強剤を使用しながらトレーニングしている人もいるかもしれません。一方行けるところまで行くといった終わりのないトレーニングを続けている人もいるかもしれません。そんなとき思いに浮かぶのは「一体筋肉はどこまで増やせるのだろう」という疑問です。人によって見解は様々で「根性で頑張ればどこまででも筋肉は増やせる」というひともいれば「筋肉量には遺伝的に生まれ持った限界がある」という人もいます。どちらが正しいかということよりも理想のボディに近づくために今できることをするということの方が重要です。専門家によると自分の筋肉量の限界を知ることは無茶なトレーニングや食事方法を行ってかえってバランスを崩してしまうということを避けられるということです。
終わりのない筋肉美への追及でも、行き過ぎると体を壊すこともあるので気を付けましょう。

注目の筋肉増強商品

メタルマッスルHMB
・GACKT愛用 ・業界トップクラスのHMB1600mg ・13種類ものパワー成分配合