まずはウォーキングから始めよう

pixta_13187303_l

痩せるならウォーキング?それとも筋トレ?

「最近太ってきたから、体鍛えようかな」と筋トレを始める人はたくさんいるかと思います。筋肉は脂肪を燃焼してくれるので効率的にやせるのに筋トレは効果があると思います。筋トレが無酸素運動なのに対して、ウォーキングは有酸素運動です。痩せるにはどちらがいいのだろう?ということで無酸素運動と有酸素運動の違いを説明したいと思います。

直接脂肪を燃焼させるならウォーキング

運動は有酸素運動と無酸素運動という二つに分けられます。有酸素運動とは体内に酸素をたくさん取り込む方法の運動です。一方無酸素運動は酸素が不足している状態で行う運動です。何か物を燃やすには酸素が必要なように、脂肪を燃やすのにも酸素が必要になります。有酸素運動は酸素を取り込みながらできる運動なので、血液中に酸素が十分に行き渡り、脂肪が酸素と結合して燃えやすくなります。この運動は軽いストレッチやウォーキングなど呼吸をしながらできる運動の事です。無酸素運動は筋トレや短距離走など激しい運動の事をさします。こうした種類の運動は呼吸を止めて行うことが多いので脂肪燃焼という観点でみると有酸素運動よりも効率が悪くなります。では筋トレなどの無酸素運動はダイエットには効果が無いの?というとそういうわけではありません。ダイエットにはどちらにも効果があります。筋トレでは筋肉量を増やすことができ、それによって糖や脂質が消費される率があがるので結果太りにくく痩せやすい体を作ります。ですが脂肪を直接燃焼するという点からいうとウォーキングなどの有酸素運動が効果があります。また筋トレはコーチの指導や運動プログラムに沿った方法で鍛えていくことが必要ですが、ウォーキングなら歩くだけでいいですからとても簡単です。さらに二つを組み合わせることでよりダイエット効果をアップさせることもできます。筋トレで脂肪を分解させた後にウォーキングなどの有酸素運動で燃焼すればより効果的です。

ウォーキングはいつ、どのくらいすればいいの?

ウォーキングが朝食前が一番効果を発揮すると言われています。運動をするとまず糖質がエネルギーとして消費されますが、朝食前は血液中に糖の量が少ないのでかわりに脂肪が燃焼されるのです。ただいつ行ってもウォーキングは効果が出ます。昼は交感神経が優位にあるので脂肪は燃えやすいですし、夕食後のウォーキングは余分なエネルギーが消費されて睡眠中に脂肪として蓄えられるのを防いでくれます。行う時間は5分~でも効果があると言われていますが、やはり20分以上経ったほうが脂肪燃焼の効果は大きいようなので20分~30分を目指して行うのが良いかもしれません。

ダイエット効果を狙って筋トレを考えているならまずウォーキングから始めて余分な脂肪を減らすと良いです。その後筋トレと合わせて続けることで「太りにくく痩せやすい体」を作っていくことが出来ます。

注目の筋肉増強商品

メタルマッスルHMB
・GACKT愛用 ・業界トップクラスのHMB1600mg ・13種類ものパワー成分配合