プロテインとアミノ酸の違い

pixta_16097623_l

筋肉アップに効くのはプロテインとアミノ酸どっちなのだろう?と思っている方も多いと思います。似ているようで大きく違う二つの性質についてご紹介します。

プロテインとは?

プロテインは英語で、日本語に訳すとたんぱく質になります。ダイエットや筋肉増量といえばプロテインとすぐに思い浮かぶ方も多いかと思います。プロテインとは牛乳や大豆からたんぱく質を摂りだして凝縮させたものです。プロテインは体内に入ると分解されて、最小単位になるとアミノ酸になります。たんぱく質が動物由来か植物由来かという差はあっても一般的には3~4時間かけて体内に吸収されます。ちなみに肉や魚などの食物からたんぱく質を摂ると吸収はプロテインの2倍以上の時間がかかります。筋肉を付けたい方たちがプロテインを使用するのも納得です。

アミノ酸とは?

アミノ酸はタンパク質の材料となっているものです。その種類はなんと500種類。そのなかでたんぱく質を構成するアミノ酸は20種類です。20種類のアミノ酸の中でも体内で合成されるものと、されないもので分かれています。体内でのアミノ酸サイクルによってたんぱく質に合成されて筋肉や血管、内臓などさまざまな細胞の栄養素となります。ですが、すべてのアミノ酸がたんぱく質になるというわけでなく、筋肉のエネルギーの元になったり、神経伝達物質になったり、疲労回復をサポートしたりと臨機応変に働きます。さらにアミノ酸はタンパク質が分解された最終過程となってるため吸収スピードが早く、わずか30分で体内に吸収されます。アミノ酸入りのスポーツドリンクなどが多いのも吸収の早さで素早くエネルギー源になってくれるというメリットからです。

プロテインとアミノ酸どのように選ぶ?

プロテインは、消化や吸収に時間がかかりますが、アミノ酸をバランスよく摂取できる良さがあります。筋肉量のアップのためにより多くのたんぱく質を摂りたいときに適しています。特に筋肉量のアップを期待する方は成長ホルモンが分泌されるトレーニング後30分以内に摂取るとよいです。それでも足りないなと思う時には寝る1時間前にも摂取できます。アミノ酸は効果が様々な分野に分けられています。ですから目的に応じて摂取することが可能です。体内への吸収が早いので運動前や就寝前、など摂取するタイミングも分かりやすいです。アミノ酸は空腹時に摂取するとより早く吸収されます。プロテインや食事と一緒に摂取すると吸収の早さのメリットが薄れてしまいます。
プロテインとアミノ酸の特徴を生かして目的に合った方法で、また一番良い方法で摂取してください。

注目の筋肉増強商品

メタルマッスルHMB
・GACKT愛用 ・業界トップクラスのHMB1600mg ・13種類ものパワー成分配合