落ちない筋肉を身に付けよう

pixta_24058118_l

筋肉は使わないと落ちる

筋トレに励んで立派な筋肉を付けたらそれをいつまでも維持していたいですよね。筋肉の質によっては落ちないものもあるのでしょうか?残念ながら筋肉は使わなければ分解されて減っていきます。筋肉を増やした時の工程を考えてみると分かりやすいです。筋トレによって筋肉に負荷をかけることで寝ていた筋繊維が起きだしてきて、だんだんと太くなり、それによって徐々に筋肉が大きくなってきます。負荷に耐えるために筋肉は増えていきます。逆をいうと負荷がかからなけらばその筋肉は必要ないので減らされていくのです。ではどれくらいのペースで落ちていくのでしょう。

筋肉が落ちるペース

例えばトレーニング経験のない人が3カ月間筋トレをすると、平均で15%~20%くらい筋力がアップします。もしここで運動をやめてしまうと3か月で元に戻ってしまいます。筋力が落ちるスピードは、付けたスピードと同じくらいといわれています。ですがこの落ちるスピードは、筋トレのキャリアによっても変わってきます。10年筋トレをやってきた人がやめたとしても3か月で元に戻ることはありません。筋トレを重ねた期間が長いほど落ちるスピードも遅くなります。ただ10年筋トレをしたからその先10年は筋肉が落ちないかというとそうゆうわけにもいきません。スピードはゆっくりであっても運動をしなけらば確実に徐々に筋肉は落ちていきます。俳優のアーノルド・シュワルツェネッガーがその良い例です。

一度付けた筋肉を落とさないために

筋肉を落とさないためには負荷のかかるトレーニングを続けていくことです。週一回でもそのトレーニングを行うことで筋肉が維持できると言われています。スポーツ好きで何かの競技をいつもしているという人はキープしやすいかもしれません。ですが運動に使う筋肉と、筋トレで鍛える筋肉は違うため、筋肉を鍛えるという目的で筋トレを続けた方が筋肉の持ちは良いといえます。継続的な筋トレに加え、たんぱく質をしっかりと摂取することも筋肉を維持するのに必要です。サラダやファーストフードだけでは筋肉を維持することはできません。肉魚、乳製品、豆類などのたんぱく質をしっかり摂ること、プロテインを飲むことなどの栄養管理も必要となります。さらに気を付けたいのが飲酒です。アルコールを分解するときには大量のたんぱく質が必要となるため、筋肉維持に必要なたんぱく質不足になる可能性があります。アルコールの摂取は控えめにした方がよさそうです。

筋肉は使わなければ落ちるというのが自然の原理です。ですが継続的に鍛えればキープできるというのもまた事実です。習慣的な筋トレとたんぱく質の摂取で、一度付けた筋肉をキープし続けましょう。

注目の筋肉増強商品

メタルマッスルHMB
・GACKT愛用 ・業界トップクラスのHMB1600mg ・13種類ものパワー成分配合